iwako_02_06

広東語全然覚えられなかったので、割と英語が通じて助かりました~。
中国語って方言が方言というより別言語なのでびっくりしますね。
まああんだけ広いですもんね。

あくまでわたしの行動範囲で体感的にですが、台湾よりも英語が通じる感じがしました。
(その分台湾は日本語が通じるところがあるけど)
マカオは日本語はほぼ通じないかなと思います。

ホテルのフロントのお兄ちゃんは、日本語のあいさつを覚えてて使ってくれました。
うれしい~。

あとマカオはポルトガルと縁が深いので、広東語の他にポルトガル語表記もあります。
バス停名とか場所の名前なども両方で表記されているので、ポルトガル語が身近なんだなーって感じます。
何かの案内の文章でも、広東語+ポルトガル語+英語って三言語で書かれてるものも多かったです。
だからといってポルトガル語をしゃべっているのかというと別にそういうことではないらしいけど。



---------------------------------

↓よかったらクリックして応援してくださーい


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ



スポンサードリンク